テーマ:観光

さいたま水族館

行ったのは、大分前になりますが、8月29日の日曜日でした。 猛暑の中、それでも夏休み最後の日曜日ともあって、家族連れで賑わっていました。 母も、水族館自体久しぶりだったため、休み休みではありましたが、自分の足で見て回りました。 オオサンショウウオです。ちょっと見、石と同化していて分かり難いですね。 ナマズ君が、こんに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇都宮城址公園

10月16日、宇都宮城址公園に、両親を伴い、出掛けました。 当日は、『宮っこフェスタ2010』なるイベントが開かれており、大勢の家族連れで賑わっていました。 (写真に映り込んだ方の顔には、念のためぼかしが入れてありますので、ご了承ください) 宇都宮城を築いたは、藤原秀郷とも藤原宗円とも言われていて、鎌倉時代は有力な御家人でもあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あしかがフラワーパーク[栃木県の観光スポット紹介]

あしかがフラワーパークでは、目玉となっている大藤を始め、むらさき藤、うすべに藤などが、間もなく見頃となるようです。 大藤は世界一と言うだけに、迫力さえ感じる程の美しさです。 むらさき藤です。 白藤です。清楚な佇まいです。 ツツジもその美しさを競うように咲いています。 藤とツツジに目を奪われがちですが、小さな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

館林市の鯉のぼり群遊&向井千秋記念子ども科学館へ

昨日、行って来ました。 向井千秋さんは、皆さんもご存じのとおり、アジア初の女性宇宙飛行士としてスペース・シャトル、「コロンビア」と「ディスカバリー」に搭乗しました。実は、私も昨日まで存知上げなかったのですが、向井さんはお医者さんだったんですね。 中には、20分の1スケールのスペース・シャトルが。 小さなお子さんには、とても貴重…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

埼玉古墳群と桜[埼玉県行田市]

埼玉古墳群の埼玉は、「さきたま」と読みます。埼玉県の県名発祥の地とされ、9基もの大型の古墳が群集しているそうです。 下の写真は、円墳としては日本最大の「丸墓山古墳」です。 丸墓山古墳は、直径105mで、高さも18・9mと、埼玉古墳群の中でも最も高く、豊臣秀吉公の小田原城攻めの折、家臣の石田三成公が近くにあった忍城(おしじょう)を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上田城千本桜まつり情報[長野県]

以前にもアップしておりますが、長野県上田市の上田城址において、今年も『上田城千本桜まつり』が開催されます。 開催期間は、2010年4月5日~4月25日の予定になっており、この間、第2回上田城 城灯りの景、第28回上田真田まつりなど、イベントも開催予定です。また、夜間のライトアップも行われ、お濠に映り込む夜桜は、違った風情を見せてく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

権現堂桜堤[埼玉県の桜のスポット紹介]

3月も半ばとなり、桜の開花の話題もちらほらと囁かれる季節となりました。 そこで、桜の名所や穴場の紹介を、何カ所かではありますが、させて頂こうと思います。以前のブログで紹介した記事と被る所もあるかとはぁ思いますが、その辺はご容赦のほどを。 初めに紹介するのは、埼玉県は幸手(さって)市にある、権現堂桜堤です。 写真は、3年前の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

天神平[群馬県の観光スポット紹介]

私自身は、スキーもスノボもやらないのですが、一度冬の天神平に行ってみたいと思い、数年前ではありますが、行ってみました。 谷川岳ロープウェイに乗って、雪景色の中を空中散歩です。 一面の雪景色は、どこか別世界の趣でした。 雪上車の存在感が、やたらと大きく感じました。 因みに、谷川岳ロープウェイの公式HPのアドレスは――、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋保大滝[宮城県の観光スポット紹介]

秋保(あきう)大滝は、宮城県仙台市にある滝で、高さ55mの、勇壮な滝です。 近くには、秋保大滝植物園があり、シャクナゲやつつじが綺麗だそうです。また、仙台の奥座敷と呼ばれる秋保温泉も近く、日頃の疲れを癒すには、絶好のスポットですよ。 所在地:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝 Zの写真をクリックしてみて下さい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

出雲大社 常陸教会[茨城県の観光スポット紹介]

出雲大社と言えば、出雲の国(現在の島根県)にある出雲大社を思い出される方が殆どかと思いますが、笠間焼や笠間稲荷で知られる茨城県笠間市にも、出雲大社から御分霊が鎮座されています。 上の写真は拝殿です。 下の写真が、本殿です。 下の写真は、拝殿の大注連縄ですが、分かり難いかも知れませんが、下から投げ差し込まれた硬貨が見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍神大吊橋[茨城県の観光スポット紹介]

龍神大吊橋は、歩行者専用の吊橋では、本州一を誇る、全長446mの吊橋です。 途中、下が見える個所があり、高所恐怖症の私は、写真すら撮れませんでした。 対岸には、愛、希望、幸福の3種類の鐘の音が鳴る、木精の鐘(もりのかね)というカリヨンがあり、愛の鐘は二人が一緒にボタンを押さないと鳴らないため、カップルに人気があるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

達谷窟[岩手県の観光スポット紹介]

達谷窟は、「たっこくのいわや」と読みます。正式には、達谷窟毘沙門堂と言い、征夷大将軍・坂上田村麻呂公が、蝦夷(えみし)平定の戦勝の折、激戦を征する事が出来たのは毘沙門天のご加護と感じ、窟毘沙門堂を建てたそうです。 尚、達谷窟の縁起など、詳細情報は、公式HPにてご確認ください。アドレスは――、 http://www15.ocn.n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史公園・えさし藤原の郷[岩手県の観光スポット紹介]

奥州藤原氏が100年の栄華を築き上げた黄金の都・平泉。 その平泉文化を紹介しているのが、ここ歴史公園・えさし藤原の郷です。 奥州藤原氏は、前9年の役で蝦夷(えみし)の長・安倍氏が滅ぶ時、奥州藤原氏の祖・初代清衡公の父・経清公も斬首され、無念の死を遂げます。その斬首の方法も、裏切られた怨念を込めるように、源頼義公(源義家公の父)は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一乗谷朝倉氏館跡[福井県の観光スポット紹介]

越前朝倉氏は、応仁の乱の際に活躍し、その後一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放する形で、越前を平定しました。その後、一乗谷は、朝倉氏5代に渡り繁栄し、北陸の小京都と呼ばれる程でした。 ↓現在、ソフトバンクのCMで雪景色の一乗谷を、犬のお父さんと樋口さん演じるお母さんが、久しぶりのデートを楽しんでいる光景と、似た写真を選んでみました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾山神社[石川県の観光スポット紹介]

石川県金沢市にある尾山神社は、加賀藩藩祖・前田利家公を祀っている神社ですが、利家公没後、その子・利長公は当時の情勢に鑑み、卯辰八幡社を勧請して合祀しましたが、明治になり政府より神社創立の許可を得、造営されました。 尾山神社に足を運ぶと、神社と言うには特徴的な神門が先ず目に入ります。 上の写真では分かり難いかも知れませんが、和洋中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幽玄同[岩手県の観光スポット紹介]

岩手県一関にあります幽玄同を紹介させて頂きます。 幽玄同は、古生代中期の地層を持つ鍾乳洞で、三葉虫、ウミユリ、フズリナ、古代サンゴなどの化石が多く見られます。 また、日本で最古の鍾乳洞と言われているそうです。 地底湖もあり、エメラルドグリーンの神秘的で美しい水を湛えています。 中の様子は、天然の自然博物館と言えるもの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

金沢城址[石川県の観光スポット紹介]

金沢城は、改めて説明する必要はないでしょうが、加賀藩主前田氏の居城でした。 元々、この地には、城郭仕立ての寺院「尾山御坊」があり、加賀一向一揆の拠点となっていました。 この尾山御坊を織田勢が攻め落とし、家臣の佐久間氏を置き、金沢所と称したのが、金沢城の始まりだそうです。 写真は、2回目に行った時の写真で、ライトアップされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真弓山観世寺[福島県の観光スポット紹介]

真弓山観世寺(まゆみさん・かんぜじ)と言うよりも、安達ヶ原の鬼婆や黒塚の名前の方が知られているかも知れませんね。 昔、京の都に「岩手」と言う乳母がおり、可愛がっていた姫の病を治そうと、占い師の「妊婦の生き肝を食わせたら治る」という言葉を信じ、生まれたばかりの娘を置いて、みちのくまで旅をして、安達ヶ原の“岩屋”まで辿り着きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兼六園[石川県の観光スポット紹介]

改めて紹介する必要がないくらい有名な『兼六園』。水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並んで、日本三名園と称されている名園です。 上の写真は、霞ヶ池――だったと思います。かなり前に行ったので、記憶が・・・ 石灯篭が、妙に渋いですね。 上の写真は、夕顔亭・・・ですよね? 満開ではありませんでしたが、桜が咲いていて、綺麗でした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尾崎神社[石川県の観光スポット紹介]

尾崎神社は、初め、金沢城北の丸に、天照大神、東照大権現(徳川家康公)、第三代加賀藩主・前田利常公を祀り、建立されましたが、尾崎神社となったのは、1874年、神仏分離により改称し、現在の位置に移築されたのは、1878年だそうです。 朱の漆塗りの社殿には、家康公の三つ葉葵の家紋がちりばめられ、「金沢の江戸」、『北陸の日光」と言われたそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

越前松島[福井県の観光スポット紹介]

「松島」という名前から想像がつくかと思いますが、宮城県の松島に似ている事から、こう呼ばれているそうです。 東尋坊は男性的な景観ですが、こちら越前松島は、女性的な景観です。 宮城県の松島は船で周遊しますが、こちらは歩いて見られます。 すぐ近くには、越前松島水族館もあります。 海なし県に生まれ育った私には、海は憧れに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東尋坊[福井県の観光スポット紹介]

断崖絶壁が迫り来るような迫力で迎えてくれる「東尋坊」。国の天然記念物に指定され、地質学的にも珍しい奇岩だそうです。 東尋坊の名前の由来は、怪力の悪僧・東尋坊からきているそうで、土地の美しい姫に恋した東尋坊が、断崖の上でのライバルと酒の席で、この断崖から突き落とされ、その後四十九日の間、暴風雨と雷が続き、毎年命日には、東尋坊の怨霊が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

厳美渓[岩手県の観光スポット紹介]

厳美渓(げんびけい)は、岩手県一関市にある渓谷です。 仙台藩主・伊達政宗公をして、「松島と厳美がわが領地の二大景勝地なり」と言わしめた景勝地で、甌穴(おうけつ)も見られます。 ここ厳美渓を更に有名にしたのは、「空飛ぶ団子」として有名になった、郭公団子。渓谷の休憩所にワイヤーロープが架けられていて、籠があるんです。その籠に代金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸岡城[福井県の観光スポット紹介]

丸岡城は、織田信長公の重臣・柴田勝家公の養子(甥)・柴田勝豊公が築城した城で、全国で12カ所しかない現存する天守の中でも、最古の天守だそうです。 私が行った時は、桜の季節でした。 天守の中の様子です。 歴史を感じる事が出来るお城です。 所在地・福井県坂井市丸岡町霞町1-59 尚、丸岡城がある坂井市の公式H…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吉見百穴[埼玉県の観光スポット紹介]

埼玉県比企郡吉見町にある、吉見伯穴(よしみひゃくあな)です。 実は、私、この記事を書くために吉見町のHPを確認したのですが、今の今まで、「よしみひゃっけつ」だと、思っていたんです。 下の写真は、入口が3m程もある、広大なトンネルです。 下の写真でお分かりのように、昭和19年から20年頃に作られた、地下軍需工場だったそうです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

那谷寺[石川県の観光スポット紹介]

那谷寺は、「なたでら」と読みます。 那谷寺は、奈良時代、泰澄法師によって開かれた名刹で、那谷寺が立つこの地自体が、縄文時代より、神まつりの霊地だったそうです。 上の写真は、金堂華王殿です。明治に廃寺となった花山天皇の御寺に因んで名付けられたそうで、金堂は平成二年に六百五十年ぶりに再建されたものだそうです。 上の写真は、山門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗の滝(福井県の観光スポット紹介)

一乗の滝は、戦国大名朝倉氏の館跡を流れる一乗谷川の上流にある、落差12mの滝です。 この一乗の滝は、剣豪・佐々木小次郎が、秘剣「燕返し」をあみ出した地とも言われているそうです。 所在地・福井県福井市浄教寺町 一乗の滝の情報は、福井観光Webをご覧ください。アドレスは――、 http://echizen.info/ ――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両津港[新潟県佐渡島の玄関]

今日、最初の記事は、佐渡島の両津港を紹介します。 両津港は、小木港と並んで、佐渡の玄関とも言える港です。佐渡には、佐渡空港もありますが、現在、こちらは定期便の発着は無く、緊急時の輸送などで使用されているだけのようです。 下の写真は、両津港に着岸しようとしているカーフェリー「おおさど丸」です。 おおさど丸は、5373トンを誇るフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛越寺[岩手県の観光スポット紹介]

毛越寺は、「もうつうじ」とよみます。 毛越寺は、850年、慈覚大師が、薬師如来の化身と思しき老人から、霊地である故この地に堂宇を建立すれば仏法が広まるであろう、と告げられ、この地に嘉祥寺(かしょうじ)を建立したのが、始まりだそうです。 その後、奥州藤原氏二代当主基衡公から三代当主秀衡公の時代に多くの伽藍が造営され、中尊寺を凌ぐほどだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

猊鼻渓[岩手県の観光スポット紹介]

猊鼻渓(げいびけい)は、砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷で、100mものの断崖が両側にそびえ、そそり立つ岩の間を澄んだ水がゆったりと流れています。そんな猊鼻渓の舟下りは、船頭さんが漕ぐ長閑な舟下りで、四季折々の景色が楽しめます。 三好ヶ丘奥の大猊鼻岩付近に“うん玉”が5ヶ100円で販売されていて、“うん玉”に願いを込め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more