鷲城址[栃木県小山市の歴史スポット紹介]

鷲城は、下野守護に任じられていた小山氏の居城で、その名を有名にしているのが、1380年~83年にかけて起きた「小山義政の乱」です。
鎌倉時代、小山氏の当主政光の三男朝光は、鎌倉幕府創設者である源頼朝とは乳兄弟の間柄(実母の寒川尼が頼朝の乳母だった)であり、早くから頼朝陣営に参陣し、頼朝の叔父・志太義広が乱を起こすと、それを野木宮合戦で鎮圧する活躍をみせ、鎌倉幕府でも重用されました。
下の写真は、虎口です。
画像

その後、小山氏と互角の勢力を持つに至った宇都宮氏と小山氏が争い、鎌倉公方・足利氏満から停戦の命令を受けますが、それには従わず、河内郡裳原の戦いで基綱を討っってしまいます。しかし、これは私闘とみなされ、関東鎌倉公方・足利氏満は、小山氏追討を諸将に命じました。
下の写真は、本丸跡へ続く杉並木です。
画像

鎌倉幕府軍に徹底抗戦を決意した当時の当主・小山義政は、鷲城を拠点として、鎌倉幕府軍を迎え撃ちましたが、最終的には自害に追い込まれ、その子・若犬丸が父の遺志を継ぎ抗戦しますが、やはり自害に追い込まれ、その遺児達も捕えられ、幕府の手により生きたまま海に沈められ、小山氏の嫡流は断絶する事となります。
下の写真は、土塁・堀跡です。
画像

その後、同族の結城氏から新たなる当主(泰朝)を迎え、小山氏は再興し、関東八屋形と呼ばれるまでになります。
下の写真は、本丸跡に建つ鷲神社です。小山氏の勢力が、武蔵の国にまで及んでいた時、鷲宮神社から分祀した事から、鷲神社と呼ばれたようです。
画像

更にその後、小山氏は持政の代に断絶し、一族の山川氏から養子(成長)を迎えますが、その子・政長も無嗣のまま死去し、またも断絶してしまい、同族の結城氏から高朝が入ります。しかし、その子・秀綱の時代は、後北条氏の勢力拡大に飲み込まれ、居城である「祇園城」が陥落し、実質上、ここに関東の名族・小山氏は終焉を迎える事となりました。
この後、小山氏の子孫は、水戸藩士に取り立てられたそうです。
所在地・栃木県小山市外城




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

若犬丸
2010年06月13日 10:50
若犬丸の子孫は残っていて、今は東京都八王子市で峯尾姓です。
戦国下野
2010年09月15日 09:50
若犬丸さま
宇都宮在住の歴史に興味を持っているものです。
小生の友人に八王子に住む峯尾というのがいます。
本人もルーツが小山氏に関係しているらしいと言っていますがそれ以上不明です。若犬丸と峯尾の関係に
ついてご教示願えれば幸いです。
長さん
2011年01月17日 14:05
ひっくり返すと、峯尾は尾峯→尾山→小山と連想
されますから、確かに怪しい苗字ですね。
長さん
2011年01月18日 09:37
 私のコメントについて追記します。
 戦国下野さん、若犬丸さん、
「一平のブログ」で検索し、平家落人
を名乗る方の某ブログを確認してく
ださい。
タッチの差でしたが11日早く、↑と
同じ内容を自分のブログで紹介されて
いる方がおられました。私は、上記
「一平ブログ」を読まずに書きました。
「まぐれ当たり」でした。
戦国下野
2011年02月11日 18:45
長さん
確認させていただきました。確かに小山氏と関係がありそうですね。佐藤孝太郎著「多摩歴史散歩」でも確認しました。峰尾氏が祀った小山明神があるそうです。
先日、小山義政と若犬丸が籠城した粕尾城に行ってきました。思川を見下ろしながら義政自刃の無念さを思い遣りました。
若犬丸
2011年07月11日 10:32
ご無沙汰しております。若犬丸の息子は2人居て、二人とも殺されてしまい嫡流は途絶えた事になっていますが、実はもう一人息子が居て、それが峯尾氏に繋がっているみたいです。あとは東京都あきる野市に小山姓の方がいますが、この一族も若犬丸の子孫らしいです。峯尾はその一族の分家かもしれません。因みに峰尾姓もありますが、これは峯尾とは関係なく、明治時代になって召し使いに名乗るのを許した氏らしいです。
戦国下野
2011年07月16日 10:56
若犬丸さま
久しぶりの寄稿ですね。
若犬丸は数奇の運命をたどり、子孫(養子?)や家来たちが八王子近辺に峯尾一族をなしたのは間違いないようですね。南朝がらみもあり複雑です。
八王子の友人峯尾と細々と調べています。
若犬丸
2011年07月17日 08:19
戦国下野様


実は母の旧姓が峯尾で、祖父が峯尾家本家の出なのですが、大正時代に摺指一帯が火事になり、家系図は常林寺にあったのですが焼けてしまい、小山から峯尾姓になったのがいつの代なのか全くわからなかったのが最近ネットであきる野市の小山姓の方と知り合い、家系図の内容を教えてもらった次第です。先祖は八王子城や小田原城にも参戦していたみたいです。
戦国下野
2011年07月17日 17:51
若犬丸(隆政)には3人の子がいて、長男が摺差、二男が案内村、三男が散田村に住んだと言われいるそうですね。友人は三男の末裔らしいです。
あきる野市の小山さんの情報を知りたいものです。
八王子城、小田原城に行ったことがありますがスケールの大きさに圧倒されます。

常犬丸
2011年08月13日 09:53
歴史は色々な見方があるし、真実を探す所にロマンを感じますね。我が家にも系図等あります。
大織冠藤原鎌足公三代北家流祖賜正一位大政大臣藤原房前公六代苗裔正二位武蔵守兼鎮守府将軍下野押領使藤原秀郷公(二ツ巴紋旗)十代嫡流東国屈指の大族下野国小山城主小山小四郎下野大掾藤原政光入道蓮西公八代建武の忠臣贈正五位小山五郎判官下野守秀朝公十四代小山半兵衛秀重嫡男・・・・・以下省略   
上山
2012年01月19日 20:16
摺指ではありませんが峯尾です。家紋は何ですか?因みに我が家は○に違い鷹羽です。
戦国下野
2012年03月12日 23:16
先日、摺差/常林寺/小山神社に出掛けてきました。ここの家々は峯尾姓が非常に多く、家紋は丸に違い鷹羽です。小生の友人も同じ家紋です。
ただし、下野小山氏の家紋は左巴なので家紋についてはどのような関わりかはわかりません。
若犬丸
2013年06月18日 14:30
ご無沙汰してます。
母の実家も丸に違い鷹羽です。
小山から峯尾に苗字を変える時に家紋も変えたのではないでしょうか。
戦国下野
2013年12月14日 12:57
ご無沙汰しています。
先日、若犬丸の味方となり一緒に籠城した小田五郎藤綱
の難台山城(茨城県笠間;標高553m)に登ってきました。難攻不落の城も兵糧攻めで落城、藤綱は自害、若犬丸は会津の方へ逃げのび戦い続けます。
来年は横浜金沢区六浦にある犬若丸二児の石塔に手を合わせに行きたいと思っています。
天上
2017年04月10日 19:08
応永四年宮内七歳鎌倉六ツ浦海被没、久犬五歳鎌倉六ツ浦海被没、妙犬丸弥五郎政郷応永壱拾五年生出八王子城より北方向の武州多摩郡のある村へ隠栖、父奥州二本松城脱出後横山庄散田村にて応永一八年没す四十二歳。秀郷公手植えの椎、小河大明神二ノ宮神社、府中の秀郷公の館跡、秀郷公手植えの椎の木の社殿の改築、将門公造営、相模原新清の小山という地名、鳩ノ巣の将門、矢越え沢、とうた橋の伝承を検討されよ。
戦国下野
2018年08月13日 09:56
今年やっと小山義政の妻芳姫の堂宇(栃木市感応寺)と、六浦の石塔に手をあわせてきました。
天上さんのコメントを読ませていただいています。

この記事へのトラックバック